トップページ > ワイン醸造

月山山麓ワインの醸造法


赤ワインと白ワインは、醸造行程の一部が違うだけで、基本的な流れはとてもよく似ています。

原料となるブドウにはさまざまな品種があり、それぞれのブドウに適切な醸造方法でワインを造っていきます。

白ワインのできるまで


「除梗破砕機」を使い、ブドウの軸「果梗(かこう)」を取り除きます。このとき果肉が軽く破れ搾りやすい状態になります。
プレス機でブドウを搾ります。自然に流れてくる果汁を、フリーラン、圧力をかけて搾った果汁をプレスランと言います。

酵母を加え、しばらくすると発酵が始まります。耳を澄ますとプツプツと泡のはじける音が聞こえます。温度変化に気をつけ、低温でゆっくりと発酵をすすめます。


白ワインの一部は樽やタンクで貯蔵し、熟成させます。香りや味わいが落ち着き、まろやかさと複雑さが加わります。

ビンに詰め、コルクで栓をし、ラベルを貼って出荷します。

ビン詰め後、再び貯蔵して熟成をさせる物もあります。



赤ワインのできるまで

赤ワインは、上記のながれのなかで破砕させたぶどうを皮と種もいっしょに発酵させたのちに、搾汁・オリ引きを行って貯蔵熟成させます。果皮や種子から赤ワイン特有の色や渋み、複雑な味わいが多く抽出されます。

「除梗破砕機」を使い、ブドウの軸「果梗(かこう)」を除いたのち、果肉が軽く破れるくらいまで果粒をつぶします。
酵母を投入し、果皮・種子ごと発酵。ここで発酵させる期間によって、ワインの赤みや味に変化が出ます。
ブドウの皮が上部に浮いてくるので、朝夕の醸し(ルモンタージュ)を行い、皮や種子からの抽出を促進します。

プレス機を使用し、果皮を分離します。タンクに戻し、さらに発酵を続けます。

発酵終了後、樽やタンクで貯蔵し、熟成させます。香りや味わいが落ち着き、まろやかさと複雑さが加わります。

ビンに詰め、コルクで栓をし、ラベルを貼って出荷します。

ビンに詰め、コルクで栓をし、ラベルを貼って出荷します。ビン詰め後、再び貯蔵して熟成をさせる物もあります。